派遣などの非正規雇用者が増えています。企業にとって一番大きい人件費の削減のために採用されるようです。

転職活動の合間に派遣でお仕事
転職活動の合間に派遣でお仕事

日本における派遣職員としての働き方

転職活動の合間に派遣でお仕事
自分たちが就職した頃はバブル時代でしたので、就職においても完全な売り手市場でした。また、どの企業も人手が欲しいという状況でしたので、派遣社員に対する需要もあり、派遣社員としての生計の立て方も可能でした。その後、バブルの崩壊、その後のリーマンショックなど、日本の景気は長い低迷期に入ってきました。企業にとっても、経営を建て直す必要に迫られました。企業の支出にとって負担が一番大きいのはやはり人件費です。まず、派遣社員の雇い止めを行っやりして、人件費の圧縮に入りました。

それから、企業の経営スタイルも一変しました。正規職員でなくてもできる仕事は非正規雇用職員に任せるという方向に転換しました。これにより人件費を更に圧縮することができましたが、生活が不安定になる労働者が増え、社会に閉塞感が漂い始めました。また、非正規雇用職員にマニュアル通りの仕事を任せることはできますが、新商品の開発など新しい発想が出てきにくい状況になっています。派遣職員にも、働きたい理由があります。家庭の主婦などが、短時間で働きたいとかいったもので、人のライフスタイルに応じて、様々な働き方があってもいいと思います。人員調整やお金の調整ではない、きちんとした理由で派遣職員の地位を安定させることが必要です。


Copyright(c) 2018 転職活動の合間に派遣でお仕事 All Rights Reserved.